柳岡克子の生い立ち 42、パラリンピックをめざして

25名の日本選手団として一緒に行って、バスや飛行機の乗り降り一つをとってみても大変なことだ。
ボランティアなどはなく選手以外は団長と私の母を含め4人だけで、片方の手がなかったり、義足だったりで自分のことだけでも大変なのに助け合って荷物や車いすを運んだ。
1人が車いすの方を抱きかかえて座席まで運ぶ。
抱いている間に別の方が車いすのクッションを次に座る座席に置き換えなければ、床ずれができて困るそうだ。
29名の一行は皆が協力し合っての旅になった。
2人とも車いすの夫婦は、4台の車いすを車に積み込んで名古屋から成田までだんな様の手で運転する車で来ていた。
自分たちが乗る車いすが2台であとの2台はスーツケースを乗せる車いすだった。
それで飛行場に着いたらスイスイと移動していた。
前の車いすにはスーツケースを顔が隠れるぐらい乗せて、自分は後ろの車いすに乗って前の車いすを押す。
私も真似をした。
左へ曲がっていった。
当たり前だ。右手ばっかりこいでいたからだ。
その夫婦は2人とも左右の手を変えていた。
だからまっすぐ進んでいたのだ。
“柳岡克子の生い立ち 42、パラリンピックをめざして” の続きを読む

柳岡克子の生い立ち 41、世界の壁

いつしか私は、パラリンピックに出たいと思うようになった。
パラリンピックに選ばれるには世界大会で何度も勝ってランキングポイントを取らなければならない。
国内の優勝経験者の強化合宿で、香港の大会に行った人の話を聞き、世界の壁の高いことを知った。
“柳岡克子の生い立ち 41、世界の壁” の続きを読む

柳岡克子の生い立ち 40、卓球の練習

仲よくなった障害者と話した。
卓球でいいボールが返せる人はその技術が上手なだけでなく、みんな精神的にとても強くてりっぱなことがわかった。
何年も病気と闘ってやっとスポーツと出会えたのが卓球だった方。
健常者でバリバリ働いていたときに交通事故で腰から下が麻痺して車いすの生活になってしまった方。
私にはとても耐えられないような苦労を乗り越えてきた方ばかりだった。
私は自分自身の弱さや甘えを痛切に感じとるとともに、家族や友人、学校や職場にいかに恵まれたかを改めて感じた。
今までは、障害者である自分がいやで、障害者であることを忘れようとしていた。
でも、離れられないのだから、これからは、逃げたり、悲しんだりせず、堂々と自分の障害とも仲良くつきあっていこうと思った。
“柳岡克子の生い立ち 40、卓球の練習” の続きを読む

柳岡克子の生い立ち 39、わかやま卓友会に入って

まず練習を見学に行って、その場で入れてもらった。
卓球などできるとは思っていなかったが、私より体の不自由な人が生き生きとがんばっている姿に感動した。
私が2歳の頃、歩く訓練のため入院していた和歌山市にある琴の浦のリハビリテーションセンターの隣の体育館で、障害者が集まって練習していた。
月に1回、御坊から1時間かけて車を運転して練習に行った。
“柳岡克子の生い立ち 39、わかやま卓友会に入って” の続きを読む

柳岡克子の生い立ち 38、障害者卓球との出会い

水泳で国体予選に出てもいい成績が取れず、御坊市のゼッケンに恥をかかせることになるから出場をこれきりにして帰ろうと思った。
帰りがけに迎えの車を待っていた時、体育館で何やら他のスポーツやっていたのでのぞいてみた。
障害のある人が卓球の試合をしていた。
脳性マヒで支えがないと立っていられないぐらい不自由そうな方がラリーしていた。
帰るのを待ってもらって、ものすごく速いボールを操っているのを横で見ながら、すごいと思って感動した。
私もラケット持たせてもらった。サーブの早いボールがシュッ、シュッと飛んできてかすりもしなかった。
“柳岡克子の生い立ち 38、障害者卓球との出会い” の続きを読む

柳岡克子の生い立ち 37、水泳で国体予選に出る

スカートをはくと義足がばれるからといつもズボンをはいていた祖母は、家でも外でも元気で障害者であることを感じさせなかった。
御坊市身体障害者福祉協会の役員をしていて、杖も使わず、すたこら会費を集めたり、いろんな世話をしていた。
障害者のスポーツ大会にも出場してメダルをもらってきた。
“柳岡克子の生い立ち 37、水泳で国体予選に出る” の続きを読む

柳岡克子の生い立ち 36、休日急患診療所の仕事

ドラッグストアは一般販売をしていた。
ドリンク剤や箱入りの薬を販売したり、お客さんからの健康相談にのった。
副作用のきつい薬より少ない方を薦めたり、飲み方の説明をした。
薬だけでなく健康食品など売っているもの全ての情報提供ができるように勉強した。
顔なじみの人もよく訪ねてくる。
自分の専門知識を活かしながら、そうした人たちの役に立てるのがやりがいにつながっている。
病気になって落ち込んだ患者さんが来られたときに、私に会うと元気になると言ってもらえた時は特にうれしかった。
仕事が楽しく、薬剤師になってよかったと思った。
“柳岡克子の生い立ち 36、休日急患診療所の仕事” の続きを読む

柳岡克子の生い立ち 35、障害者が働くということ

就職した当時は少ない薬剤師だったが、店舗数も増え、薬剤師も増えた。周りにサポートしてもらいながらも勤務薬剤師として、地域の薬剤師会の勉強会にも出席させてもらうようになった。
薬局を経営している方や病院の薬剤部で働いている薬剤師が一堂に集まって、月1回、資質向上と医薬分業のための勉強会で、いろいろなことを教えていただいた。
“柳岡克子の生い立ち 35、障害者が働くということ” の続きを読む

柳岡克子の生い立ち 34、ドラッグストアへ就職

職業訓練センターの簿記講座を修了した最終日に、ハローワークに求職者名簿への登録を薦められた。
簿記の資格を活かして就職のあっせんをするのが目的だったので私には関係ないと思いながらも、昼間の時間、何かアルバイトでもできたらいいなと思って登録した。
その頃、塾の生徒も増え、充実した毎日だった。
数年後、ハローワークから電話が来た。
あの時の登録が残っていたようだ。
御坊にドラッグストアができるが管理薬剤師を探している。
社長と面接してみないかということだった。
“柳岡克子の生い立ち 34、ドラッグストアへ就職” の続きを読む