1513、手術

そんなこんなで

あちこちに障害があって

御坊市、人口3万人(当時)の

街では、手に負えないということで

和歌山市内の大きな病院に入院しました。

まずアキレス腱が切れていて

引っ付ける手術をしました。

次に指がくっついていたので

切り離してお腹の筋肉を張り付ける手術。

股関節脱臼をちゃんとする手術。

まあ、私は何も覚えていないのが

ある意味幸せかなあ。

生まれたばかりの赤ん坊が

こんな手術を繰り返して

家族は大変心配したかと思います。

手術室へ入るベッドの上でも

笑っていた健気な(自分で言うな)

赤ちゃんでした。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。