1482、ゴスペルに対する想い

フェスタ・ルーチェの最終日の前日の土曜日、1月27日14時からアドベンチャーホールにおいて、100人ゴスペルコンサートを開催します。

<開催主旨>

100人でうたうゴスペルコンサート

 ゴスペルの歌詞は、人を愛すること、あきらめず前を向いて生きることを後押ししてくれます。そして一人一人が生かされている価値ある存在だと訴えてくれます。違った個性が声を重ね一つになったときに力強い「魂の歌」として聴く人の耳に届く・・・・歌う一人一人が自分の歌として、自分のためのスピリチュアルソングとして歌う喜びを分かち合いたい、それが私たちのゴスペルに対する想いです。

「My life is in your hands」をお聞きください

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。