柳岡克子の生い立ち 146、骨髄バンクドナー登録②

登録は、登録申込書に署名して、2mlの採血をすることによって完了となる。
今までは骨髄ドナー登録のみを行なう集団登録会を開催していたが、最近献血と併行してドナー登録会を開催し、献血の比重の測定時にドナー登録用の検体を採取する献血併行登録会が増えている。
おかげで平成20年に目標としていた30万人を突破し、平成30年1月末現在では48万3069人の登録者となった。
しかしながら、満55歳の誕生日で自動的に登録が取り消しになったり、妊娠中だったり、登録者が皆提供者となるわけではない。

 登録をしたからといってすぐに提供者になる方もいれば、全く連絡がない方もいる。
患者さんとのHLAの型が一致して初めて提供の意思を確認する書類が届く。
その後コーディネーターと調整医師の詳しい説明と問診を受け、提供の意思に変わりがなければ、健康状態などを調べるための採血をし、ドナーに選ばれると、家族を交えて最終同意書にサインをする。
骨髄液の採取は全身麻酔により、腰の骨に針を刺して骨髄液を500~1000ml吸引する。4日程度の入院が必要だ。
和歌山県では、県立医科大学附属病院と日赤和歌山医療センターが移植の認定病院となっている。
平成30年1月で移植を待つ患者登録者は3,736人いる。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。