1368、日本会議和歌山記念大会②

第1部の記念公演として和歌山市交響楽団と和歌山市響合唱団による皇紀2600年奉祝曲「海道東征」は、詩人、北原白秋 の作詞に曲をつけたもので、神武東征と御即位された物語を壮大に奏でたもので、長い間、角・日本会議和歌山会長がこの楽譜を広く発表した いと念願されてきたもので、栄えある今日に披露されたものだそうだ。大会が始まるに当たって、場内が浄められた雰囲気となった。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。