柳岡克子の生い立ち 129、課題を解決するための提案

地域にはそれぞれ課題があることが分かった。解決に向けて行政主導で出来るものもあるし、要望していくものもある。また一人ひとりが問題意識を高め、取り組んでいくことも大切だ。これは、平成15年当時のもので現在解決しているものもある。
・区の役員に女性も選ばれるべき
・“婦人会”のような“紳士会”を作ったらどうか
・男性も勉強会に積極的に参加してほしい。
・地域での関わりが大事であり、女性の進出も望まれる。就職の場、働ける環境づくりが大切。
・地域ごとに防災訓練や防犯のための協力を行う。
・ゴミのリサイクル
・男性の育児手当、育児休暇を与える。(法律を変えなければならないので国会議員との対談が必要)
・地域・職場での勉強会を開く。
・色々な意見を外に向かって言うことも大切だが、男女共同参画は家庭から築いてからこそではないか。
・男女一緒に活動できる場、参加できる会があればいい
・地域の発展、働く場所があれば、若い人も増えるのでは?

・幼稚園と保育所が一緒になる事が望ましい。
・他府県からのキャンプ客等のマナーが悪いので、ゴミの持ち帰りをお願いしたい。
・家庭生活でもっと男の人にも子育てに参画してもらいたい。
・子育ては夫婦共同の作業で、親も子どもと共に育っていこう。
・挨拶は大人から声をかけると子どももするようになる
・女性議員がほしい
・子育てサークルに父親も参加してほしい。
・家庭での小さな話し合いや井戸端会議の推進。
・働いている人が参加できる体制つくり。
・子育てが終わって仕事への復帰ができる体制を整えてほしい。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。