1198、「平成」から「令和」に向かって

平成31年4月1日、平成の次の元号が記者会見で菅義偉官房長官から発表されました。1989年1月8日に始まった平成は、2019年4月30日をもって、30年113日の歴史に幕を閉じることになります。新しい元号は、天皇陛下の譲位に伴い、新天皇が即位する5月1日午前0時に施行され改元が行われます。

「令和(れいわ)」は日本最古の歌集「万葉集」巻5、梅花の歌32首の序文からの引用です。天平2年(730年)の正月の13日、歌人で武人の大伴旅人(おおとものたびと)の太宰府にある邸宅で開かれた梅花の宴の様子を綴っています。「初春の令月にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す。」から2文字をとって命名されました。安倍晋三首相は、新元号「令和」に込めた意味について「悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込めた」と語っています。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。