1098、土砂災害について考える

平成29年5月20日、御坊市身体障害者福祉協会(湯川芳規会長)は、和歌山県土砂災害啓発センターを見学した。山の多い和歌山県では、災害の経験を活かし新しく開設した。那智ねぼけ堂で昼食をとり、トルコ記念館へ行った。トルコの船が沈没した時、串本町の大島の住民が助けたというエピソードからトルコとの交流を深めている。帰りは、道の駅すさみのエビとカニの水族館を見学した。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。