1030、母校御坊中学校で講演して

母校御坊中学校で講演をさせていただきました。入学して30年経ち、同級生のお子様がいたり、先生が私より若かったり、時間の経過を感じさせられました。しかし、私の入学に際して取り付けてくれた玄関の手すりなどそのままの形で残っていて、校舎も体育館も同じでうれしかったです。当事友だちに手を貸してもらわなければ上がれなかった段差がスロープになっていたのには驚きでした。これがバリアフリーなんだと。こんな言葉もなかった時代ですから。それより驚いたのは、生徒数が半分になっているではありませんか。6クラス240名いた私たちの半分なのです。少子化を改めて感じました。人口も減っているけど子どもがこんなに減ってしまって。でも私の同級生も大学に出たまま都会で生活している人が多いし、市外へお嫁に行ったり、私のように独身だったり、結婚しても子どもがいなかったり、親たちの世代ように多くの子どもがいるなど少ないです。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。