458、道徳教育の重要性

扶桑社の教科書部門を担当する育鵬社から、

2011年夏の教科書採択で、

歴史・公民あわせて400校以上で採択されました。

少しずつですが、戦後の歴史教育のひずみを正そうと言う運動が

広がりつつあります。

新しい歴史教科書をつくる会も自由社から、

戦後レジームからの脱却をめざした教科書を

発行していて選択肢が広がりました。

歴史というのは人の生き方を学ぶもので、

その人がどうやって苦労を乗り越えてきたかを知ることで、

自身の肥やしにするのです。

歴史だけでなく道徳も教科として学校で習えるようになり、

世界に誇れる日本人が育ってほしいと思います。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。