柳岡克子の生い立ち 452、中山恭子氏が声をかけてくださる

日本女性の会の呼びかけに応じて、
この度の東日本大震災に於ける自衛隊の皆様の救援活動に対して、
11月16日、感謝と激励の5千羽の折鶴と、
5枚の寄せ書きの色紙を伊丹市の陸上自衛隊第3師団に
持参した大阪女性の会など各支部の活動報告が事務局よりありました。

最後に、日本女性の会の有志による合唱・
日本の歌「金剛石」「日本」「ふるさと」のコーラスが行われ、
安本百合子委員より閉会の挨拶がなされました。


 師走の予定が立て込んでいて車いすでの往復新幹線の日帰り東京でしたが、
開会までに原宿や表参道を散策したり、
神宮の参拝や各界の有識者と親睦を深めることができました。

うれしかったのは、高市早苗衆議院議員と有村治子参議院議員が
「遠くからよく来て下さった」と私を見つけるや声をかけて下さったこと、
中山恭子参議院議員が拉致問題の解決のため私が和歌山でブルーリボン活動をしていることを
「一緒に頑張りましょうね」と言って下さったことです。
震災や台風で大変だった1年を締めくくり、
改めて「絆」を考える素晴らしい10周年記念式典となりました。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。