柳岡克子の生い立ち 442、防衛大学校を見学して

三浦半島を南下、防衛大学校へむかいました。

防衛大学校は、将来陸上・海上・航空各自衛隊の幹部自衛官となるべき者の教育訓練をつかさどるとともに
それらに必要な研究を行う防衛省の施設等機関です。
学生は特別職の国家公務員の身分で毎月学生手当が支給され、全寮制です。
昭和27年に設置され「廉恥」「真勇」「礼節」を学生綱領として
国家防衛の志を同じくして4年間教育訓練を受けます。

6時半起床、22時半消灯まで規律正しい生活の中で基礎教育課程を終了し、
1000時間を超える陸海空の専門訓練をクリアして
「広い視野、科学的思考力、豊かな人間性」を養い
学位を授与された幹部候補生として卒業するのです。
総理大臣や防衛大臣出席で帽子を投げる卒業式のシーンはテレビでおなじみです。
図書館や資料館を見学させていただき広大な敷地をあとにしました。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。