柳岡克子の生い立ち 366、生きている喜びについて

第9回全国講師オーディション予選の動画です。投票よろしくお願いします。
https://akoshi.com/primary/?video_id=1iAZqTUPrws

 私が講演で使っている「生きている喜び」という演題は、
「第1回中学生の主張」で演題として初めて使った。
なぜこの演題にしたのか?
それは、小学校5年生の時、夏休みの読書感想文の宿題で
「ヘレンケラー」の伝記を読んだからだ。

当時の私にとって、目も見えない、音も聞こえない、
話すこともできない3重の苦を乗り越えて、
希望の光を与えてくれたのは衝撃だった。
生きるってことの大切さと生きていることへの感謝を感じたのである。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。