柳岡克子の生い立ち 365、御坊ライオンズクラブ主催の第1回中学生の主張に出る

第9回全国講師オーディション予選の動画です。投票よろしくお願いします。
https://akoshi.com/primary/?video_id=1iAZqTUPrws

私が人前で話した一番初めは、御坊ライオンズクラブが主催した「第1回中学生の主張」だった。私が中学1年生の時、勤労青少年ホームの2階で開催し、御坊・日高郡の中学生約60人が自分の考えを発表した。以下原文のまま掲載する。

   生きている喜び
御坊中学校1年 柳岡 克子
 近ごろ、青少年の自殺が増えてきているように思います。
毎日のように新聞に中学生や高校生の自殺が出ています。
どうして自分で死を選び命をたつのでしょうか。
自殺しなければならないほど苦しいことがあったのでしょうか。
わたしはどんなに苦しいことがあっても生きていれば、
きっと生きている喜びがわかるということを言いたいのです。
 わたしは、5年生の時ヘレンケラーの本を読みました。
この本を読んで生きている喜びがわかったのでした。
三重の苦しみを持ったヘレンケラーに比べれば、
ずっとしあわせだということがわかったからです。
わたしは階段を登るにもおりるにも友だちの手を借りなければなりません。
そのたびにみんなと同じように走ったりすることができたらなと思いました。
しかしわたしは目も見え、耳も聞こえいいたいことが自由にいえる。
だからこそ、今のように元気で生きていられることがありがたいのです。
ヘレンケラーはからだの不自由な人々に、勇気を与えてだれにも負けず、
望みを失わず、明るく生きることを教えてくれました。
わたしは望みを失って自殺をしようとしている人にせいいっぱい生きて、
生きている喜びを味わってほしいと思います。
 死んでしまえば楽になると思っている人が多いでしょう。
死んでしまえば楽になるのでしょうか。
れいのわかる人は、もっと苦しい世界にはいるといいますが
そのようなことはわたしたちにはわかりません。
しかし、あとに残った人々がどのように悲しむかなど考えてもみなかったでしょう。
人のことを考えもしないで自分かってに、命をそまつにして、
自殺するような人が許せません。
と同時にわたしたちは決してひとりでは生きていくことができません。
それなのに、大切な命をそまつにしないようにしてほしいと思います。
 今から32年前、戦争という国と国との争いのため、
どんなに生きていたくてもある時は戦場で、
ある時は空しゅうでたくさんの人々が死にました。
32年たった今の世の中は平和でほしいものがあれば店に売っている。
けがをすれば病院へ行くとなおしてくれる。
わたしたちは、このように世の中に、人々に、親にたよっています。
だからちょっとしたことで自殺までしようとするのです。
そのようなあまえたことでどうするのです。
わたしたちは、これから、将来おとなになっていくあいだいろいろなことに出合うでしょう。
しかし、なにごとにもくじけずに、どうどうと生きていこうではありませんか。
自ら命をたつようなことはしないで、
お互いになやみごとを話し合い自分に強く生きていきましょう。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。