柳岡克子の生い立ち 341、和歌山県介護支援専門員協会日高御坊支部の広報誌「大樹」Vol.47

平成29年4月 Vol.47

食中毒について

 御坊市の給食センターでノロウイルスが原因とされる集団食中毒が発生し、
管内の幼稚園、小学校、中学校の生徒や先生が下痢やおう吐で苦しみ、
全国ニュースで流れる事件が起こりました。
食中毒の原因には、細菌(腸管出血性大腸菌、リステリア、
カンピロバクター、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、
ウエルシュ菌、セレウス菌、赤痢菌、ボツリヌス菌)ウイルス(ノロウイルス)
自然毒(フグ、二枚貝、巻貝、毒キノコ)化学物質(ヒスタミン)、
寄生虫(アニサキス)など様々あり、
食べてから症状が出るまでの期間やその症状、
また予防方法も異なります。

食中毒予防の3原則は、食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」
そのための方法としてWHOは、食品をより安全にするための
5つの鍵( Five Keys to Safer Food)を発表しました。

1.清潔に保つ、
2.生の食品と加熱済み食品とを分ける、
3.よく加熱する、
4.安全な温度に保つ、
5.安全な水と原材料を使用する
学校給食での今回の事件は他人事ではありません。
介護施設でも5つの鍵を守り食中毒が発生しないように気をつけましょう。

投稿者プロフィール

柳岡 克子(やなおか よしこ)
柳岡 克子(やなおか よしこ)
車いすの元気配達人として全国講演活動をしています。子どもから大人まで90分のお話しがあっという間だったと好評です。そのバイタリティーがどこから来るのか実際聴いてみてください。



詳しいプロフィールはこちら。