681、大好きな「法医学教室の事件ファイル」

連続シリーズにもなった「法医学教室の事件ファイル」は名取裕子が演じる港南医大法医学教室准教授の二宮早紀と宅間伸が演じる神奈川県警横浜東警察署刑事課警部の二宮一馬夫婦に愛介という子どもの成長に合わせていて長く見ています。ただ途中で西村勝彦が演じる水村透が死亡するという設定が残念でした。助手役で実験台にされてぶつぶつ言いながらも体をはっての演技が良かった本村健太郎が演じる永岡洋一郎は弁護士資格を持ち、他局の番組への出演のため、第43作をもって降板しました。二宮早紀の妹薬で助手をしていた南果歩も白衣姿がかわいかったです。

680、終わって残念な「土曜ワイド劇場」

長年放送していたのに終了して残念ですがテレビ朝日系列の土曜ワイド劇場で、片岡鶴太郎と岡江久美子が夫婦を演じる「終着駅シリーズ」は暗い終わり方が多いにもかかわらず森村誠一原作で24作と人気です。

「西村京太郎トラベルミステリー」は十津川警部と亀井警部補を高橋英樹と愛川欽也のコンビが演じています。渡瀬恒彦が演じる夜明けさんこと「タクシードライバーの推理日記」は、いつも長距離客にアリバイに利用されます。

679、なつかしの2時間サスペンス

私は、小さい頃から外で遊ぶことが少なく、家の中で図書館で借りてきた本を読むかテレビを見て過ごしていました。いわゆるテレビっ子でした。以前にも書きましたがクイズ番組はずっと見ていました。他に好きな番組として刑事ものがあります。1話完結ですが連続ものでは「太陽にほえろ」や「Gメン75」が好きでした。少し前では柴田恭平の「はみだし刑事情熱系」今は水谷豊の「相棒」と沢口靖子の「科捜研の女」です。そんな中、毎日チャンネルを変えて夜9時になったら見ていたのが2時間サスペンスです。

678、テレビショッピングの誘惑⑪

今となれば笑ってしまう私のテレビショッピングのエピソードを並べてみました。

◆「0120~」と快適な音楽をつい口ずさんでしまうフリーダイヤルの電話番号を聞きながら、気が付いたら電話を握りしめていた

◆「2つなら送料無料」と言われて1つでいいのに2つも買ってしまった。

このように私は本当にこれが欲しかったのか?よく考えてみればそれほどでもないのに不思議な魅力に誘惑されて、宅急便が届いた頃には、楽しみ半分、後悔半分のテレビショッピングでした。他人事のように私を笑いますか?同じ思いをしたことがあると分かち合ってもらえますか?

677、テレビショッピングの誘惑⑩

今となれば笑ってしまう私のテレビショッピングのエピソードを並べてみました。

◆掃除機を買ったら部屋がきれいになると思っていたら大間違い。掃除機は掃除をしなければきれいにならない道具だった

◆健康器具も使わなければやせられない。邪魔なルームランナーがほこりをかぶっている

◆「今から30分以内にお電話を」と言われるとメモを用意してしまう

676、テレビショッピングの誘惑⑨

今となれば笑ってしまう私のテレビショッピングのエピソードを並べてみました。

◆手ざわりもにおいもテレビではわからない。「つるつる」「いい香り」「おいしそう」と言われても?

◆字が上手になる、英語がしゃべれる、資格が取れるという教材を買って満足するのではなく勉強しなければ上達しない

◆実演販売でスパスパ切れる包丁さばきを見て、包丁が良ければ料理が上手になると思う錯覚

675、テレビショッピングの誘惑⑧

今となれば笑ってしまう私のテレビショッピングのエピソードを並べてみました。

◆個数が多くて得した気になったら小さかったり、身が入っていなかった蟹

◆スタイルのいいモデルの着こなしを見て自分も同じに見えると思うのは勘違い

◆サイズが合わない服に何度悔しい思いをしたことか

674、テレビショッピングの誘惑⑦

今となれば笑ってしまう私のテレビショッピングのエピソードを並べてみました。

◆「今一番売れている」と言われると「そんなに、流行っているなら自分だけが取り残されないように」と手に入れたくなる

◆「これも付ける、あれも付ける」といろいろ付いてきて家に届いた時何を買ったかわからなくなった

◆「返品できる」と言われても実際返品するのは面倒くさくて気に入らなくても辛抱してしまう

673、テレビショッピングの誘惑⑥

今となれば笑ってしまう私のテレビショッピングのエピソードを並べてみました。

◆撮影会場で、「ほうー」といううなずく声を聞くと、「皆が感動する程いいものなんだ」とテレビに向かって「ほうー」と言っている

◆繰り返し流れる魅力ばかり聞くと欠点を発見する意欲が失われる。何でも良い面と悪い面があるのに。

◆「簡単」と言えば聞こえはいいが「ちゃち」ということ。すぐに壊れるリスクがある

672、テレビショッピングの誘惑⑤

今となれば笑ってしまう私のテレビショッピングのエピソードを並べてみました。

◆皿からはみ出るぐらい盛りつけられていて「大きい」と思ったら、単に皿が小さかっただけ。アップで映ると皿の大きさが分かりにくい

◆高齢で元気なタレントが、健康食品を「私も飲んでいます。」と感想を言い、隅っこに「個人差があります。」と書いている。これは薬じゃないものを「効いた」と言ったら薬事法違反になるから。本当に毎日飲んでいるのか確認できないし、そのタレントに良くても私に良いとは限らないのに、「元気」とか「いきいき」とかいう言葉に弱い

◆元々きれいなタレントと同じぐらいきれいになれるわけがないのにこれを使えばきれいになれると思わせるような演出